スリランカ英語留学に行った!<3>

~ スリランカの英語留学生活 ~

 

留学して早!? 2週間が過ぎました。

毎日新しい何かが起こるので

昨日のことはすっかり忘れてしまうのがスリランカ。


クラスはすっかり馴染んできました。

朝からみんな笑顔であいさつ。

だんだん会話も笑いも多くなってきました。


スリランカのいいところは、勉強ができなくても

あまり上手に英語を話せなくても孤立することなく

年齢や国籍を全く気にせず

一緒に勉強してくれる空気感があるのが心強い。


 

とにかく誰でもみんな笑顔であいさつ。

笑顔が一番。毎日英語漬けが2週間続くと

いっぱいいっぱいになって大変でもあるけれど

みんなの笑顔にどれだけ救われたか。


そして、やっと週末。


朝からいきなり、同じ家に住む韓国人の女性から

「映画いかない? 20分後に出発ね!」

...そして去年9月に完成したばかりの

「コロンボシティセンター」へ。


最新の映画館のシートはリクライニングでふわふわ。

入館料は1000ルピー(600円くらい)。

フードコートもなにげにオシャレ。


 

そして学校帰りには「一緒にランチしない?」と誘われ、

ゆっくりできるカフェでお話。

その間に「今週、家の夕食に招待したい」と

メッセージが入ってくる。

家に帰ると、ホストマザーが

「一緒に大きな公園へウォーキングに行かない?」


 

いきなり、次々に英語を話したりメッセージを送ったり。

あと、スリランカ人は電話が大好きなので

電話もどんどんかかってきます。


そんな環境に囲まれて、あと2カ月したら

どんなふうに英語が身についているのか自分でも未知数。


海外に1人でいる孤独感が全くないのが

この国のいいところではあるのですが、

最近コロンボにも、いろいろあやしい目的で

声をかけてくる人が多いので、

初めて行かれる方(特にやはり女性)は十分な注意が必要です。


“Where are you from ?”と声をかけてきて

「日本」と答えると

「わぉ日本大好き!子どもはいるの?結婚してるの?」となってきます。

これは危ない人のパターンですね。


バスでもとなりに座ると

「どこから来たの?」は日常茶飯事で、

それから「電話番号教えて」ときます。


スリランカはとても親日な人が多いのですが

線引きはしっかりとしておくに限ります。



<お知らせ>
2月23日(土) スリランカ英語留学無料説明会開催します。
会場:本格的なスリランカ料理のお店「キャンディ」 11:30~13:30
@東京メトロ銀座線「日本橋」駅B6出口すぐ 詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sels.jp/p/seminar.html