スリランカ英語留学に行った!<4>

~ スリランカの食事情 ~


こちらに来て3週間。

2月でも毎日暑い日が続き、フルーツがおいしく感じられます。


スリランカの基本的な料理はカレーとご飯。

ご飯は白いご飯やフライドライス(炒飯)など。



写真はナシゴレンという

ちょっと辛いケチャップ味のご飯に卵焼きと

チキンカレー、えびカレーをチョイス。


ご飯の量は半端なく多く、

味を感じた後に辛さが胃にやってきます。


正直、日本人には毎日はキツイですね。


値段は一食200円から500円くらいですが

店によってピンキリです。


他、日本食、中華のレストランもありますが

1000円くらいかかるので、一人ではなかなか行く気にはなれませんし、

高いお金を出しても味はう〜ん。と言ったところでしょうか。


クラスメイトの韓国人や中国人は

スリランカ料理は口に合わないようで

みんな自炊をしています。


 

食材を買う場所ですが、

スリランカには大手スーパーチェーンが3社あります。

ただ、そこら中にスーパーが立ち並ぶほどに

多いということはありません。


日本のようなコンビニはありませんね。


私は上の写真の「キールズスーパー」の品揃えが好きで、

ついつい毎日立ち寄ってしまいます。


  

野菜は豊富でオーガニックのコーナーもあります。



 

魚、肉の種類は少ないですね。


乳製品は基本的なアイテムは揃っていますが

日本のようにあれもこれもの品揃えではありません。



楽しいのはスパイスコーナー!

表記はすべて英語なのでわかりやすいです。

安いのでお土産にもいいですね。

1袋100円から300円ほど。


 

オイルやお米も豊富。

お米は測り売りで買うことができるので便利です。

大体、1合の量で6~7円です。



これは虫除けとか風邪に効くとか

健康にいいサプリとかダイエット関連の品々が並ぶ

ドラッグストア的な楽しいコーナーで

つい色々と買って試してしまいます、しかも安い。


スーパー内には薬局もあり薬剤師さんもいます。


前回スリランカで暮らしていた時に

酷い食あたりになり

日本の薬が全く効かずこちらで薬をもらいました。


その時にまわりのスリランカ人に揃いも揃って、

「ジワニーを飲みななさい!」「ミルクは飲んじゃだめ!」

「コーヒーを飲みなさい!」と言われました。


「ジワニー」とは、スーパーや薬局で売っている

20円くらいの粉末で

水に溶かして水代わりに飲む

ポカリスエットみたいな味のものです。


そのアドバイスが正しいかはわかりませんが、

いつどこで何が起こっても

スリランカ人は助けてくれるような気がします。



余談ですが、同じ家に住んでいる韓国人が

いつもわたしが夕飯を食べないので

心配しておでんを作ってくれました。


スリランカにいる人はみんな暖かい。


もうひとつ余談ですが、

スリランカ人は知り合うとまず

「うちにご飯を食べにいらっしゃい」と

誘ってくれます。


こちらに来てからやたらといろんな食べ物をいただいたり

見知らぬ人にバス代を払っていただいたり

恐縮な毎日です。



<お知らせ>
2月23日(土) スリランカ英語留学無料説明会開催します。
会場:本格的なスリランカ料理のお店「キャンディ」 11:30~13:30
@東京メトロ銀座線「日本橋」駅B6出口すぐ 詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sels.jp/p/seminar.html