コロンボ・宿泊案内

スリランカ長期滞在の魅力

  • 通年に渡り暖かい気候、海あり山ありの魅力に富んだ島
  • 特別な査証なしでも最大90日間まで滞在が可能
  • 国民の半数以上が仏教徒で親日国、治安も良好
  • 英国の植民地の影響で広く英語が通じます(現地の英語新聞も!)
  • ゴルフやダイビング、ボランティアなどのアクティビティーも豊富
  • 比較的日本人の舌に合うお米を中心とした現地食 
  • SIMフリーの携帯があれば4Gネットワーク通信込みのSIMもあり通信環境も十分
  • ATMなども各地にあり、クレジットカードで現金の引き落としも可能 
  • コロンボには大きな総合病院の他、小さな町にも国立の病院が十分にあります 
  • 慢性の病気がある場合には伝統医療のアーユルヴェーダを長期的に受けることも
  • ホテル滞在の他、キッチン付きのゲストハウスやホリデーホームも

コロンボ 

国際空港から30分ほどのスリランカ最大の都市。インド洋の主要な港町としても知られます。商業的な首都で高層ビルなども並ぶ一方で、英国植民地時代のコロニアル建築や、緑あふれる公園などもあり、のんびりとした時間を過ごすことができます。各国大使館などの他、入国管理局、設備の整った私立病院なども。

日本食レストランや日本食材店などもある他、24時間営業のスーパーマーケットなどもあり、生活する分に特に不便はありません。レジデンスホテルやコンドミニアムなどもあり、アジアの都市といった様相です。コロンボの魅力についてはヤートラ・トラベルズのウェブサイトへどうぞ。

宿泊施設

コロンボでの滞在のチョイスは色々。各国から訪れるバックパッカーとの交流も楽しめるドミトリースタイルの宿泊施設も1日2000円程度

キッチンやシャワールームはシェアスタイルになりますが勉強机付き、WIFI完備のシェアハウスなども1日2500円程度から用意があります。現地のビジネスマンとも仲良くなれるかも!?

心配な方は日本人学生が中心に集まるシェアハウスのご案内も可能。プライベートの英語レッスン(または現地の言語シンハラ語!)も受けられるところもあります。ご希望に合わせて手配が可能です。もちろんご予算があればプールやジム月のコンドミニアムなどのチョイスも。

スリランカの暮らしQ&A

スリランカの言葉は? 
シンハラ語とタミル語、そして英語が公用語となっています。シンハラ語はサンスクリット系の言語で国民の70%近くがシンハラ語を話します。残りの30%はドラヴィダ系のタミル語です。英国の植民地だったことから、英語も広く一般に用いられており、都市部では不自由ありません。中等教育レベルで必修とされる第二外国語で日本語を選べることから、日本語を学ぶ学生も多く、ボランティアで日本語を教えたりといった活動も現地の人に喜ばれます。

治安や衛生状態は? 
国民の70%近くが敬虔な仏教徒の他、その他の宗教でも熱心な信者が多く、現地の人々は比較的穏やかで治安は良好です。タイやマレーシア、シンガポール、香港など、その他のアジアの国と同様、警察の取り締まりも厳しいため、安心して街を歩くことができます。置き引きやひったくり、スリなども都市部でも少なく、他のアジアの都市部と比べても犯罪は少ないです。もちろん、夜間は一人で出歩かない、持ち物には注意する、知らない人の誘いには乗らない、貴重品はセキュリティーボックスや鍵のかかるスーツケースに常にしまっておくなど、十分な注意は必要です。

ある程度のレストランやフードコートであれば清潔で食中毒の心配はありませんが、ロ―カルだけが集まる混雑した軽食店(カデ)や逆に人のあまり入らないお店は注意が必要です。万が一食中毒になった場合には、薬局に行くと症状に合わせて薬を処方してもらえます。薬局などは比較的小さな町にも点在しているので便利です。水道水は飲めないため、飲用様にはペットボトルのお水や一度煮沸したお水、ろ過した水などを用います。ペットボトルの水は街中で簡単に手に入れることができます。

国内での移動手段は? 
バスや鉄道などの公共交通機関は充実していますが、混雑しているため使いこなすには苦労します。長距離バスについては慣れれば便利ではありますが、途中クーラーが壊れたりパンクをしたりといったことは日常的です。公共交通機関よりは割高にはなりますが、スリランカではドライバー付きの専用車(タクシー/ハイヤー)をチャーターしての移動が快適で便利です。1都市滞在でない場合、特に初めての長期滞在の場合には専用車をつけて周るのがお勧めです。

都市での滞在や、長距離移動の無い一か所滞在の場合には、タイやインドに見るスリーウィーラーと現地では呼ばれる三輪車(トゥクトゥク)も多く、どこへ行くにも不便ありません。コロンボではメーター式の三輪車も見かけますが、それ以外の都市では基本交渉制です。コロンボ市内や近郊ではクーラー付で比較的割安のタクシー(ハイヤー)サービスなども充実しています。

携帯電話は? 
日本の携帯電話も海外ローミングで利用することができますが割高になります。SIMフリーのiPhoneやAndroidをお持ちになる場合には、現地にて簡単にプリペイドのSIMカードを購入することができ、割安でインターネット通信や国際電話が可能です。もちろん現地でNOKIAなどの携帯電話も通話利用のみの安いものであれば5,000ルピー程で購入できるため、長期ステイの場合には現地で携帯電話とプリペイドのSIMカードを購入し利用すると便利です。

インターネット通信は? 
コロンボ、ゴール、キャンディー、南西海岸のビーチリゾートは無料wifiを利用できるカフェやレストランなども多く便利です。それ以外の地域では、小さなゲストハウスでもwifi通信が可能な宿泊施設も多いので、wifi通信ができる宿泊施設を選べば問題ありません。ノートパソコンやモバイル端末などを持ってくると便利です。ロビーエリアのみwifi可能といった宿泊施設がほとんどです(部屋からアクセスできる場合は少ないです)。 SIMフリーのiPad、iPhone、AndroidやGalaxyなどの端末をお持ちの場合には、現地にて簡単にプリペイドのSIMカードを購入することができ、割安でインターネット通信や国際電話が可能です。  通信も比較的早く、ビジネスなどでも利用できます。

郵便事情や国際宅急便は? 
手紙や荷物は、郵便局から送ることができます。コロンボ、キャンディー、ゴールなどの都市部やその近郊ではFedExやDHLといった海外資本の出張サービスもあるため、大きな荷物も安心して送ることができます。また、日本(成田)から直行便が飛ぶスリランカ航空をご利用の場合には、最大40kgまで荷物を預けることができ、長期ステイをご検討中の場合にはスリランカ航空の利用もおすすめです。

ビザの手配は? 
30日間の観光ビザは電子査証サービスを利用し、クレジットカードがあればインターネットで簡単に取得が可能です。30日間以上滞在される場合には、スリランカ入国から30日間以内にコロンボの入国管理局に申請をし、最大90日間まで延長することができます。入国管理局は混み合いますが、延長の申請手続きは半日程度で済ませることができます。

コロンボ長期滞在へ向けたおすすめ情報サイト 

スリランカ日本人会
JETRO コロンボスタイル
在外公館医務官情報 
スリランカライフ | 移住者向け総合情報サイト
スパイスアップ|スリランカ観光・生活情報サイト