現地学校・インターン先紹介

スリランカ最大の都市コロンボ。経済や政治の都市となっているコロンボでは、多くの若者たちが英語を用いて仕事や生活をしています。英語漬けの生活を送るならスリランカではコロンボが一番。日本食レストランなども多く快適に長期滞在ができます。そのコロンボにある語学学校から2つの学校をSELSが厳選しました。どちらも授業の質が高く、そして何より格安!1時間114円とあり得ない授業料の学校もあります。これまで経済的負担を考えて留学をあきらめていた方にも素晴らしい体験をお届けできます。

SVS School for English(SVS英語学校)




☞おすすめポイント
スリランカ在住20年以上のイギリス人セバスチャン先生を初めとする先生たちの教育熱心ぶりが何よりのオススメ!先生と生徒さんの距離が近くてみんな一体となって楽しく学んでいるのが印象的。SELSイチオシの楽しく英語が上達できる学校です。

「誰でもウェルカム!」な学園祭やクラス対抗サッカー大会などの全校イベントも定期的に行っており、みんな大盛り上がり!(写真一番右は腕相撲大会!)

特筆は先生が英国や米国、オーストラリア出身の西洋ネイティブオンリーであること。やっぱり英語は西洋のネイティブに...と思うあなた、この学校で決まりです。

☞コースの紹介
申し込み時にクラス分けテストを受けていただきます。その結果により、初級、中級、上級と分けられます。どのクラスでも、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングを網羅して勉強します。人気の学校なので学生数は500~600名と多いですが、1クラスは最大25名までに制限。

1日2時間の授業です。以下より希望の時間帯をお選びいただきます。同じレベルであれば内容は変わりません。もし満席となってしまった場合は、違う時間帯のクラスをお選びいただきます。自由となる時間が多いですので、インターンシップや、アーユルヴェーダ、ダイビング、瞑想などその他の体験と合わせて幅広く満喫したい...という方におすすめです。

08:30~10:30のクラス 仏教留学に来てる若いミャンマー人僧侶が沢山
11:00~13:00のクラス 現地駐在の中国や韓国の駐在員家族に人気の時間帯
15:30~17:30のクラス 学校の授業が終わった後の現地の高校生たちに人気
18:00~20:00のクラス コロンボで仕事をしている現地の若者たちが多い

☞費用
カリキュラム読む・書く・話す・聞く を網羅。文法に重点を置く。(プライベートレッスン無し)
授業時間1日2時間 合計100時間
コース期間全10週間(月~金50日間)
費用18,000ルピー (1時間114円)


☞補足クラス

Skill クラス(日常英会話)
月 ~ 木の週4日
11:00 AM ~ 1:00 PM
18,000 ルピー(1時間140円)

Public Speaking クラス(英語プレゼンテーション)
月・水の週2日
1:30 PM ~ 3:00 PM
8,000 ルピー(1時間167円)

Pronunciation クラス(発音)
月・水・金のうちいずれか1日
1:30 PM ~ 3:00 PM
4,000 ルピー(1時間167円)

※補足クラスのみの受講はできません。100時間の通常クラスと合わせて受講ください。


☞2019年の日程
  1月  9日 ~   3月29日
  4月22日 ~   7月  5日
  7月15日 ~   9月27日
10月  7日 ~ 12月20日


※人気の学校のため早い段階で満席となります。お申し込みはお早めにどうぞ。

☞講師紹介:Sebastian Lawrance先生 & Mark Snellgrove先生
20年以上前にスリランカでNGO活動をはじめたご両親の仕事の関係でスリランカへとやってきたセバスチャン先生とマーク先生の従兄弟。イギリス生まれですが10代のころからずっとスリランカに在住しています。そんな二人が2006年に設立したSVSでは、講師のほぼ全員がイギリス出身です。もともと現地のスリランカ人向けに開校されたクラスですが、今では海外からの留学生や現地在住外国人などにも人気。英語圏のネイティブから英語を学びたいという方におすすめです。


Colombo Language School(コロンボ語学学校)


☞おすすめポイント

基本的に現地のスリランカ人を対象としているので、現地の雰囲気を存分に味わいながら英語を学びたい方におすすめ。ポーランド出身の設立者が「スリランカの人たちの英語力を上げたい!」という熱意で設立した学校で、その思いが他の先生や授業に行きわたっていて、地元でも良い語学学校と言えば真っ先に名前が挙がる学校です。

講師はスリランカ人で、全員が英語教授法の資格を有しています。カリキュラムも綿密でボーッとする暇はありませんよ!現地駐在員のご家族など日本人への指導経験もあり。また、校内では英語オンリーというルールがあり、とにかく英語に接し続けます。「英語は英米ネイティブだけのものじゃない」ぜひそれを感じてください。

場所も人気のレストランやカフェなどが集まるエリア。コロンボ市内の各方面へのアクセスが便利です。また校内にも売店やカフェがあり、環境は抜群!スリランカライフを快適に満喫したい!という方におすすめです。

☞コースの紹介
申し込み時にクラス分けテストを受けていただきます。その結果により、初級、中級と分けられます。どのクラスでも、スピーキング、ライティング、リーディング、リスニングを網羅して勉強します。テキストやDVD、グループワークなどバラエティに富んだ授業です。1クラス10~15名程度。

18~24歳の現地の若い学生たち中心ですが、シンハラ、タミル、ムスリムと民族もバラエティー豊か。現地の若者と友達になりたい!という異文化交流重視の方にもおすすめです。授業は平日午前中9時~13時まで。午後はプライベートレッスンも頼むことができる他、旅行会社でのインターンシップなども受け入れ可能です。

9月〜12月、1月〜4月、5月〜7月とクラスが開講されていますが、9月〜12月が一番混み合います。1月〜4月は16歳の子も何人かいるようですが、基本17歳以上から受け入れ可能。過去には30代~40代の日本人の受け入れ経験も。年齢気にせずご参加いただけます。

☞費用
カリキュラム読む・書く・話す・聞く を網羅。バランスが良い。
授業時間1日4時間 9:00 AM ~ 1:00 PM
コース期間全11週間(月~金55日間)
費用
※6週間からの入学が可能
6週間:60,000円 (1時間500円)
8週間:80,000円 (1時間500円)
9週間:90,000円
10週間:100,000円
11週間:110,000円
9週間からずっと 80,000円
(3ヶ月分無料!)
☞2019年の日程
2019年 1月 9日 ~ 4月 3日

☞講師紹介:Eugenia Zachanowicz先生 & Shanthi Dias先生
ポーランド出身の設立者であるユージェニア先生は、普段はマンナールという北西部地域の小さな町で一人で授業をされています。コロンボ校はシャンティ先生というスリランカ出身のピアニストの方がボランティアで先生兼コロンボ校のマネージメントを任されています。

ユージェニア先生はポーランドの大学で修士号を取得、トロント大学でTESOLの資格を取られています。トロントの大学で出会ったスリランカ出身のご主人はドイツの国際NGOで勤務、お嬢さんはハーバード大学に奨学金学生で通学中、などバックグラウンドもグローバルな先生。

週末の校外学習として、紛争地域だった北西部のマンナールを日本人の方に訪問してもらい、紛争の体験などをディスカッションするなどして、英語学習だけではない交流ができたら良いですねとおっしゃっています。国際問題や国際ボランティアなどに興味のある方は英語だけではない学びがあるはず!


その他新しい学校紹介も準備中です!